いずえカフェ
広報誌「ふるさと出部」
出部地区社会福祉協議会

《出部関係HP》
 消防団出部分団
 下出部子供会


更新履歴

10月12日フォーク広場


出部社協だより5月号発行
ふるさと19号出部を発行(5月31日)
昭和歌うフォーク広場(4月27日)
ハーモニカうたごえ広場(4月20日)
協力隊員が着任(4月14日)
七日市茶フェ1周年4月12日)
ピアノ伴奏うたごえ広場(3月23日)
生の魅力アンサンブル広場(3月9日)
ふるさと18号出部を発行(3月15日)
出部小児童、合唱広場(2月9日)
親子みそ作り教室(2月3日)
山岡ゆうこコンサート(1月26日)
出部社協だより1月号発行
2018新年互礼会(1月6日)
年忘れカラオケ広場(12月22日)
ベル・サンタ「きらめき広場」
            (12月6日)
クリスマス彩るパッチワーク

下出部笑カフェオープン


いずえカフェ体に優しいランチ

ストリングス響くアンサンブル広場
子どもの視点、地域安全マップ
笑顔ひろば快汗
ふるさと出部17号発行
グランパ奮闘、男性料理教室
妙なる調べオカリナ広場

おかげさまセンター活動映像

公民館サークル紹介映像

まちおこし活動映像公開


いずえ地区まちおこし協議会は活力と魅力のある地域づくりを推進しています。





やさしく力強く 井原吹奏楽団招きアンサンブル広場 (2018年9月29日)
井原吹奏楽団のフルート4重奏の“フルーチェ”と、金管木管混合4重奏の“WednesdayQuartet”の2チームを招いて「アンサンブル広場」が9月29日、出部公民館で開かれた。

 プログラムは「見上げてごらん夜の星を」や「浪花節だよ人生は」などなじみのある曲ばかり。フルートやピッコロのやさしい音色、トランペット、サックスなど金管木管楽器の力強い演奏が、訪れた60人の心に響いた。 アンコールでは東京音頭と炭坑節のメドレーが流れ、参加者は手拍子をしながら口ずさんでいた。




元気と勇気紡ぐ合唱ひろば (2018年9月28日)
いずえカフェ連携イベント「合唱ひろば」が9月28日、出部公民館であり、出部コーラスの澄み渡る歌声が訪れた人たちを魅了した。
 出部コーラスは出部公民館のサークル。19人が日頃の練習の成果を披露した。上を向いて歩こう、瀬戸の花嫁、四季の歌などを熱唱。楽しく歌おうのコーナーでは、青い山脈などを聴衆と一緒に歌った。



ハワイアンにフラ、ウクレレ広場トロピカル気分 (2018年9月14日)
いずえカフェ連携イベントととして9月14日、矢掛町の観照寺住職・井上智雄さん率いるハワイアンバンド「ココナッツアイ」によるウクレレ広場を出部公民館で開いた。軽快なメロディーに乗せたフラも彩を添え、約60がトロピカル気分に浸った。


のびやかハーモニー 合唱ひろば(2018年8月24日)
井原市文化協会の「さくらコーラス」を招いて、いずえカフェ連携イベント「合唱ひろば」が8月24日、出部公民館で開かれた。さくらコーラスの19人が出演。のびやかな歌声が会場いっぱいに響き渡った。青い山脈や糸などのなじみのある曲を一緒に歌うコーナーもあり、訪れた人たちも元気よく口ずさんでいた。
星空に乾杯、オープンカフェにぎわう(2018年8月17日)
いずえ地区まちおこし協議会は8月17日、豪雨災害チャリティー「ミッドサマー・オープンカフェ」を出部公民館駐車場で開いた。

7月の豪雨災害のため盆踊りや夏祭りなどの地域行事が中止・自粛されるなか、出部の元気とにぎわいを発信し、売り上げの一部を被災者への義援金に充てようと企画。出部女性会などが協力した。

いずえカフェによる串カツ、コロッケ、ピザなどの手作りフードが並び、約150人が飲んで食べて交流した。子どもたちは金魚すくいや輪投げを楽しんだ。特設ステージでは地域おこし協力隊員たちの生演奏もあり、夏の夜のカフェを盛り上げた。

会場には豪雨被災者への義援金箱も設置。カフェの経費を差し引いた収益と合わせて、井原市に届けた。




ふるさと出部20号を発行(7月15日)
1P:史跡ガイドブック発刊

2P:協議会だより(カフェイベントを楽しもう)

3〜7P:社協だより

(出部社協総会、こんにちは赤ちゃん、いきいきサロン交流会etc)

8・9P:出部周辺スイーツ店散歩

10・11P:3地区町民運動会

12P:女性会だより(広島県東部へ親睦旅行、愛育委員総会)

13P:消防団だより(林野火災を防げ 経ケ丸で訓練)

14・15P:自治会だより(福老会春の旅、下出部公民館改修etc)

16P:8月26日に夏季囲碁・将棋大会





i昭和よみがえる井原の今昔風景、絵画トーク広場(2018年6月15日)
いずえカフェ連携イベントとして6月15日、絵画トーク広場が出部公民館で開かれた。笠岡在住の画家三笠博通さんが井原の今昔の風景を描いた作品をプロジェクターでスクリーンに映し出した。昭和46年に廃止となった井笠鉄道、旧市役所や天神峡など104枚の絵を解説。訪れた約30人は大画面によみがえった昭和の情景を懐かしみ、思い出に浸っていた。

青空の下、心ひとつ 3地区町民運動会 (2018年6月3日)
青空の広がった6月3日、出部地区の3つの町民運動会があり、西部公園、出部小グラウンド、七日市公園の3カ所で熱戦を繰り広げました。
出部公民館のカフェちょこっとギャラリーに運動会の写真を展示していますので、ご覧ください。

西部町民運動会(西部公園)


中部町民運動会(出部小グラウンド)


七日市町民運動会(七日市公園)




出部地区の史跡ブック完成(2018年6月1日)
出部地区の史跡ブックが完成した。タイトルは「ふるさと探訪 出部の
史跡」。いずえ地区まちおこし協議会の歴史研究会が2年がかりで調
査・編集した。A4判カラー、68ページ。地区内の寺社仏閣・古墳など1
44カ所の史跡を紹介している。3000部を印刷。1部1000円、地区内
の各戸に無償配布する。

地域おこし協力隊員、歌を通して住民とふれあい(2018年5月27日)
いずえカフェ連携イベントとして5月25日、うた
ごえ広場が出部公民館2階の多目的ホールで
開かれた。

出部地区初の地域おこし協力隊員の三宅翔
史さんが出演。地元の音楽仲間の西山俊一さ
んと「上を向いて歩こう」「世界にひとつだけの
花」「津軽海峡冬景色」など昭和歌謡からポッ
プスまでを披露し、訪れた約80人と合唱した。
歌を通して地域の人たちと交流、ふれあいを
深めた。

ちょこっとギャラリーに子どもたちの書を展示(2018年5月)
出部公民館のいずえカフェちょこっとギャラリーに子ども習字教室とグループ「書玄」の方々の力作を展示しています。ギャラリーにはシャドウボックスの力作も並べていますので、ぜひご覧ください。



花いっぱいチーム、草取りに汗(2018年5月7日)
花いっぱい運動でふるさとを輝かせようと、いずえ地区まちおこし協議会の花いっぱいチームは5月7日早朝から、花を植栽している上出部−七日市線沿いで草取り作業に取り組んだ。
今後の草取り日程は別表の通り。
8月6日(月)AM6:00〜 9月3日(月)AM6:00〜
10月1日(月)AM6:00〜 11月5日(月)AM7:00〜


《事務局》出部公民館:〒715-0021井原市上出部町1219-2     Tel0866-62-3960