1月21日
 今日は男子の都道府県対抗駅伝です、年末の高校女子駅伝7位、先の女子の都道府県対抗駅伝4位、岡山県人にとって勇気と活力を与えてくれています、今回も是非とも入賞を目指して欲しいと思います、男ん子じゃろう!! 焼酎を片手に応援しています「ガンバレオカヤマ!!」 残念ながら24位でした、西江原町井原中学校2年生の「森下翔太くん」惜しくも区間39位・・・来年に期待しましょう!!


1月20日
 今日は1年を24等分した「24節気」の24番目「大寒」です、1年で一番寒い時期とされています、
 早速届いていますよ「山木院長先生」からの早朝メール、ただいま「五行」の勉強中じゃけえ今回も下記に盗作させてもらいますらあよう、サンキュウベリマッチ。

 メル友の皆さん お早う御座います、お目覚めはいかが?今日は 二十四節季の「大寒」です、今日から23日までが寒の終盤です、インフルエンザが 気分よく猛威をふるっています「御用心」、手洗いうがいはこまめに外出にはマスクが第一番ですゾ!昔は今日の水は薬水として保存していたようです、いよいよ寒さも極限です温かくして春の訪れを待ちましょう! では  〓極寒に 負けてたまるか 蕗の薹〓   ~拝礼~


1月17日

 今日から「冬と春の間の土用」です、暦の上では11月に始まった72日間の「冬の季節」が、今日から18日間の「土用」と「2月3日の節分」を経て愈々2月4日は「立春」となります、

 五行では「東方太郎の命は、春の3月(みつき)の90日(くじゅうにち)より、18日土用を取りて除いて、末に残りし72日(しちじゅうににち)は、東方太郎の命が掌務なし給え、合点なら承諾し給へ、上出来上出来!!」とあります。


1月15日

 今日は「小正月」子供の頃は「とんど」の思い出があります、半紙に「書初め」をした物を燃やして燃えカスが高く上がると字が上手になると言われていました、私は習字が苦手でめっぽう「とんど」の火で焼く正月餅の方が良かった記憶があります、あれから六十有余年、今になって思うことは「やっぱり綺麗な文字」に接すると心が豊かになるような気がします。

 さて昨日は「都道府県対抗女子駅伝」が京都で行われました、わが岡山チームは堂々4位に入賞しました、年末の高校女子駅伝では「興譲館高校」が7位入賞、県人として誇るべき快挙に拍手を贈ります「ようやった!!」 これは興譲館高校並びに天満屋さんの日々熱心な取り組みの成果だと、称賛に値する慶事だったように思います、元気を貰いありがとうございます。

 「お年玉くじ年賀はがき」の結果、14日が抽選日、我が家の当たりくじです、下2桁(27)井上啓生さん・田中信行さん・三村俊政さん (86)藤井一樹(孫)・岩崎輝恵さん・大平定志さん・井出柊平さん(神光社)高月康雄さん・高上忠義さん、以上9名の方々からの年始でした、皆さんには正月早々のお年玉を頂戴してありがとうございました、今年もお互いに佳き一年でありますように。


1月11日
 今日は「鏡開き」だそうです、元旦に神仏にお供えした「鏡餅」を下げて雑煮などで食し無病息災を祈る正月行事です、さあ先人の教えを頂き健康な一年の初めにしましょう。


1月8日
 今日は「成人の日」です、記事によりますと「今年の新成人」は日本全国で123万人、昨年並みとのこと、ちなみに井原市では男子218名(昨年229名)女子217名(昨年247名)合計435名(昨年476名)、対象の皆さん心からお慶び申し上げます、でもやっぱり地方の人口減少に歯止めが効いていないことが顕著に表れている数字です、「
この歳じゃあもう子供は作れんしなあ・・・」「神楽どころじゃあねえ」これが地方の悲鳴かも(泣)


1月7日
 今日は「七草」です、五行で修者堅牢神が節句を五柱に分配する場面があり、春(木)を分与された太郎の王子に「あんたあええで、1月7日七草じゃ、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ、オカチンを入れてバブ入れてダンゴを入れておあがんなせえ、せえでなあ熱っちいけえ、ようフウフウして食べねえよう」と言うくだりがあります、正月の期間運動不足や暴飲暴食などで胃腸が弱っているので体に優しい七草をお粥にして食べる習慣、先人の知恵です。

 更に今日は「摩利支天」の誕生日とされる「初亥」だそうです。

 今朝も山木院長からの早朝メールが届きました。

 お早うございます、今日は七草ですネ、「せりなずな 御形はこべら 仏の座 すずなすずしろ これぞ七草」 春の七草 の歌になって 広まったことにより、 「春の七草」の7種の草と その読み並べ方が 定着したといわれる。 ・新春の17日に、 春の七草を 「七草粥(ななくさがゆ)」 に入れて食べる習慣がある。 (食べると、災いを除け、 長寿富貴を得られるらしい。) 「春の七草」が話題になると、 そろそろお正月モードも 終わりに近づきますね、無理に七草でなくとも ある野菜を入れて粥を作ればよいと思いますが?温かい御粥で正月気分を一掃しましょう!では「君がため 春の野に出でて 若菜摘()む 我が衣手に 雪は降りつつ」  ~拝礼~


1月5日
 今日は「寒の入り」「小寒」です、これから17日の「土用の入り」、20日の「大寒」を経て2月3日の「節分」4日の「立春」までの間が1年で1番寒い時期とされています、皆さん防寒には万全を期されてこの厳寒を乗り越えましょう

 今年も早々山木院長先生から早朝メールが届きました

  
(5日分)
 お早うございます、寒い日が続いておりますが体調は大丈夫ですか?正月の呑み疲れは出ていませんか?今日は二十四節季の「小寒」です、これから寒の入り寒さが一段と増してきますゾ!昔は寒の水で餅を搗くとカビが生えないと教えられました、かき餅やあられをギョーサン作りましたネー!それに 味噌も作りましたゾ!では〓寒の入りしもやけ君が おおい張り〓  ~拝礼~

(元日分)
 新年明けましておめでとう御座います、平成30年の幕が開きました、今年1年がメル友の皆さんに幸多かれと御祈り致します。〓雑煮食べ独りのんびり寝正月〓  ~拝礼~



1月3日
 今日は我が氏神「日長山八幡神社」の総代を長年ご奉仕された「田中高之さん」が大晦日に92歳でご逝去され10時から告別式が市内のセレモニーでしめやかに営まれました、地元名士のご冥福をお祈り申し上げます。


1月2日
 10時恒例の檀寺「東寺真言宗智勝院」への寺参り~母が入所の施設を訪問~妻の実家へ年始と続きこの日も無難に終了しました。


1月1日
 初日の出を拝み清々しい新年を迎えました、
 今朝は午前0時から氏神「日長山八幡神社」の「夜こもり」に当番組の稲葉地区氏子が揃って奉仕しました、と言っても小部落のこと何で全員で6名、11時拝殿に集合0時の時報を合図に氏子崇敬者が参詣され、お神酒お御飯とミカンを頂いてもらうのが当番組の役割です、午前2時参詣者の足が止まったのを境に片づけを済ませて帰路に就きました。

 初日の出を崇拝する時間から家族5人で「朝祝い・雑煮」を食し、9時から荒神社の元旦祭~午後2時からの八幡神社元旦祭と続き、あっという間の元日が過ぎ去りました。

 さて今年は前述の戊戌の年です、このことを「十二支十干(じゅうにしじっかん)」と言い、所謂「干支(えと)」とはこの十二支十干を指す言葉です、(あなたの干支は?)と尋ねられると、普通は(わたしはイヌです)と答えますがこれは間違いです、干支は12と10の最小公倍数60なので60年に1回ってくるのです、うっかり「干支」が答えることが出来ないのです(正確には)
 十二支とは「子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)」、十干は「甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」を言い、今年の干支「戊・戌」は今度は60年先の干支に成ります。


12月30日
 近親者が子供連れで集まり恒例の餅つきと蕎麦打ちを行いました、目的は子供たちに杵で搗くことを見せたり経験させることです、この日は暖かでストーブを使うことなく年末行事を済ませることが出来ました。


12月31日
 神楽師界の大御所「三宅英幸先生」が12月29日夜90歳でご逝去され、この日の10時から総社市内のセレモニーでしめやかに営まれました、会場にはご家族ご親族の皆さまを始め、生前お世話に成った多くの神楽師が参列して巨星との別れを惜しみました、ここに英幸先生のご冥福をお祈り申し上げる次第です、どうぞ安らかにお眠りください。















2018戊(つちのえ)戌(いぬ)歳の日記と歳時記