RyujiUenishi

上西竜二の絵画に関する情報を紹介しております。
油絵作品
プロフィール
個展案内
絵画教室
活動報告
絵画教室Q&A
リンク
お問い合わせ
トップページへ戻る


◆私の世界観◆



抽象画のおもしろさ
”抽象画のおもしろさ”に初めて気が付いたのは
もう10年近く前でしょうか。

ジョルジョ:デ:キリコの作品でした。

「通りの神秘と憂鬱」

この作品が抽象画といえるか疑問ではありますが
私にとって、抽象画を理解する鍵になった事は確かです。

この作品には
「何が」あると思いますか?

どうみても
不気味な風景です。

そう、この何ともいえない不気味さ
これが、この絵画の全てだと思います。
私には、この絵から「不安」以外の
何ものも感じ取れません。

「不安」というものは大変に抽象的で
かたちがありません。
非常に曖昧な概念とでも言えるでしょうか。

逆に言えば
「不安」という概念や、イメージを
これだけ具体化して目に見える形で
この世の中に残したのです。

それに気が付いた時
どれだけこの絵画がすごいのかが私には理解できました。
いや、そう感じました。


これを踏まえて
抽象画の典型ともいえるピカソの作品について
お話します。

抽象画のおもしろさ その2へ つづく

絵画教室Q&A一覧へ戻る




このサイトに関するご質問等は、r@uenishi.infoまでお願いします。
copyright(c)2007.Uenishi Ryuji