RyujiUenishi

上西竜二の絵画に関する情報を紹介しております。
油絵作品
プロフィール
個展案内
絵画教室
活動報告
絵画教室Q&A
リンク
お問い合わせ
トップページへ戻る


◆絵画教室Q&A◆


◆絵を描く上での様々なヒントをまとめてみました。
Q:溶き油について
1.揮発性油(テレピン、ペトロールなど)

これらは簡単に言うと薄め液です。
ベタベタする油をサラサラにする役目を果たしています。
固着させるものではありません。
揮発していきます。 



2.乾性油(リンシード、ポピーオイルなど)

これらは接着剤の役目を果たします。
乾燥に時間がかかります。 



3.樹脂(ダンマル樹脂、石油樹脂など)

これらはツヤを出したり絵の具の途切れを緩和させたりします。
”ワニス”として画面保護に使われ、濃度が濃いと強い皮膜を作り酸素も遮断するようです。
濃度が薄いと”ルツーセ”のように加筆できる一時的なツヤ回復としても使われます。


4.乾燥剤(シッカチフ)

絵の具の乾燥をはやめてくれます。
グレーズ(透明絵具を薄く塗る)には大変に重宝します。

絵画教室Q&A一覧へ戻る




このサイトに関するご質問等は、r@uenishi.infoまでお願いします。
copyright(c)2007.Uenishi Ryuji