RyujiUenishi

上西竜二の絵画に関する情報を紹介しております。
油絵作品
プロフィール
個展案内
絵画教室
活動報告
絵画教室Q&A
リンク
お問い合わせ
トップページへ戻る


◆絵画教室Q&A◆


◆絵を描く上での様々なヒントをまとめてみました。
Q:背景はこれでよいですか?
A:良くも悪くもありません。
あくまで、「自分の納得がいくかどうか」
これがもっとも大切なことです。

自分がよいと思えばそれでいいのです。
納得いかなければ、納得いくように直せばよいのです。

とはいうものの、どうしていいかわからないから聞いているんですよね。

しかし、これに答えられるのは本人だけなのです。
背景の処理にかかわらず、構図においても、それらは決して単独では存在していません。

つまり作者の意図に連動しているのです。
「意図を的確に表現するために背景があり、構図がある。」とするならば
その意図が無い場合や、曖昧なものなら構図も背景も流動的で定まりません。
よって、意図が無いものは良いとも、悪いとも言えないのです。


例えば「500」という数字に対して低いですか?高いですか?と言っているようなものです。

相対的、あるいは比較対照がなければ、全く比べようが無いのと同じなのです。

ではどうすればよいのかというと
これは「1つの例」に過ぎませんですが、
背景に実在するものを描くことで、画面を埋めてやることです。
つまり、曖昧な空間や色を、おくのではなく
何かを見ながら、そのものを実際に描いてやると
良いでしょう。
そうすれば、背景とモチーフとの具体性が同じになります。

試してみてください。


絵画教室Q&A一覧へ戻る




このサイトに関するご質問等は、r@uenishi.infoまでお願いします。
copyright(c)2007.Uenishi Ryuji