仏教は平和を目指す教え

 本願寺派司教

内藤昭文

仏が歩み行かれるところは、国も町も村も、その教えに導かれないところはない。
そのため世の中は平和に治まり(中略)民衆は平穏に暮らし、武器をとって争うこともなくなる

『仏説無量寿経』

 

 

 

非戦時と言えども

オバマ大統領が被爆地広島を訪問して、「核兵器のない世界」を訴えるというニュースが話題になっています。

 大統領就任の2009年以後の核軍縮に向けた活動も、当初はノーベル平和賞受賞の評価があったものの、核兵器の拡散は止まったようには思えません。銃社会の米国では、核兵器だけではなく、銃ですら無くすことに苦悩しています。平和の実現は困難を極めているように思います。

 30年弱昔になりますが、佐藤三千雄先生に「人類は、戦争をしていない時に何をしていましたか」と聞かれたことがあります。答えに窮している私に、先生が「戦争をしていない時、人類は戦争の準備をしていたんですよ、違いますか」と言われました。戦争(争い)をしていないことが「平和」だと漠然と思っていた私にとっては衝撃的な言葉でした。逆説的に言えば争いのない日々であっても、それが平和な状態ではないということです。

平和の反対語

 「平和」と漢訳されるインドの言葉はシャーンティで、「安穏」「寂静(じゃくじょう)」とも漢訳されます。四法印一つ「涅槃寂静」は仏教徒の目標を意味し、その意味で仏教は平和を目指す教えであり、その行程が仏道を歩むことなのです。

 その歩みには、今を生きる自分自身や社会が不安や苦悩に満ちた、非平和的営みの真っ直中にあるという自覚が必要であり、その原因は何かという問いが不可欠です。

 戦後、常備車を廃止したコスタリカ国の元大統領夫人カレン・オルセンが「平和」に関して講演をし、「平和の反対語を教えて」という小学生に、「平和の反対語は戦争・飢餓・貧困・差別・無知・暴力・虐待など沢山ある」と答えています。つまり、人間の生きる営みすべてが平和の反対の内容だというのです。

 このような苦悩は、政治や経済を理由にするのかもしれませんが、その政治や経済の

担い手はすべて私たち人間なのです。仏陀の智慧は、苦悩の原因を人間の愚かさ(無知)

と、身勝手で自己中心的な心(我執)と説くのです。その智慧にもとづく慈悲は、苦悩

する人々をも倦(う)むことなく教導し続けているのです。この智慧と慈悲のはたらきを仰ぐ世界こそ平和があり、安穏な暮らしと慶びがあるのです。



 

本願寺新報 2016年6月20日号より



 


       



                                                                    2006.6.1 更新
2007.1.5 更新
2008.1.6 更新
2009.8.8 更新
2011.10.28 更新
2012.12.30 更新
2013.11.4 更新

2015・1・10  更新



トップ アイコントップへ戻る