高野山真言宗 吉井山 成福寺
/ 法話 / 相談 / お知らせ / 年間行事 / 万灯供養 / 護摩祈祷 / 福来い観音 / 他行事 /
/ 歴史 / ほっと一息! / 沿革・道案内 / 境内案内 / 仏さま / 真言密教の教え / リンク /
 

歴史

寺からの近隣の眺め
 
西暦 和暦 今から何年前 成福寺の歴史 関連する日本のできごと
739 天平11 1266年前  奈良時代の名僧 行基菩薩が聖観世音菩薩を安置して成福寺創建(今の観音堂) 710年 奈良の都「平城京」へ遷都
774 宝亀5 1231年前  弘法大師 御誕生
835 承和2 1170年前  弘法大師 御入定
901 延喜1 1104年前  菅原道真が大宰府に赴く途中、兵庫県加西市近くで投げた観音菩薩像が吉井の地に落ち、その像を成福寺観音堂に安置する  菅原道真 九州大宰府に左遷される
鎮守社の写真
 後年、成福寺の鎮守として 天神社をお祀りするようになる
1006 寛弘3 999年前  成福寺 観音堂 再建(棟札の記録記載あり) 1016年 藤原道長 摂政となる
900年程前  御本尊 不動明王が製作される
 (岡山県指定 重要文化財)
 仏像彫刻完成期(藤原時代〜鎌倉時代)の作
1458 長禄2 547年前  成福寺 観音堂 再建
 (棟札の記録記載あり)
1420年 雪舟 誕生
1441年 重玄寺 開山
1569 永禄12 436年前  藤井皓玄能登守の本拠地である成福寺周辺に、毛利軍が乱入し、藤井一族が悉く殺戮される
 (立石定夫著「神辺城と藤井皓玄」)
 吉井の豪族 藤井皓玄能登守が神辺城を攻め陥すが、間もなく毛利軍勢に攻められ、浅口郡西大島にて自刃する
 この頃、成福寺も無住となり、一時荒廃する
1590頃 天正年間 約415年  中興開山第一世 真識和尚が住職となり、再興する 1590年 豊臣秀吉 全国統一
1659 万治2 346年前  現在の観音堂を吉井山成福寺総本堂として建立
 現在の成福寺はこの頃、西吉井・天神山一帯に数ヶ寺を抱える本坊寺院として栄える
 吉井の地はこの頃から、徳川幕府直轄領(天領)となる
1670頃 約335年前  成福寺本坊火災で消失 観音堂の写真
1677 延宝5 328年前  本坊 再建
1687 貞享4 318年前  備中国小田郡後月郡浅口郡三十三所観音菩薩霊場が開創 第9番札所となる
1707 宝永4 298年前  不動明王の厨子を内山吉次郎(内山完造の先祖)が寄進
 (御本尊光背裏面に墨書あり)
観音堂正面額の写真
1718 享保3 287年前  観音堂正面額寄進
 (寄進者墨書あり)
 吉井村 藤井久左衛門
 備後福山 藤井吉左衛門
1737 元文2 268年前  梵鐘 落慶(第2次世界大戦の時に供出され現存せず、現在の梵鐘は昭和27年鋳造)
1829 文政12 176年前  吉井四国八十八所霊場 開創
1866 慶応2 139年前  成福寺石垣 落慶
1986 昭和61 19年前  成福寺 本坊・客殿・庫裡・鐘楼堂を全て再建・落慶
2004 平成16  ホームページ 開設