【社会福祉法人こだま園】の紹介


設立の経過
 
昭和32年度より井原市内の小、中学校で適正学級(障害児学級)による教育が始められたが、県西部地区には知的障害者の就労を援助する施設がない為、その設置は親たちをはじめ関係者の願いであった。『井原市てをつなぐ親たちの会』を中軸とした地域の強力な推進により、昭和50年4月に『知的障害者授産施設こだま園』が設立された。

支援目標

人としての主体生を尊重し、社会自立を目指して、活気ある作業と健康で快適な生活を営み、ともに生きる社会連帯の実現を図る。

沿革

昭和48年 8月 井原市手をつなぐ親たちの会によりこだま園設立を決議
   49年 7月 社会福祉法人こだま園開設認可
   50年 3月 本館・作業棟・車庫建設
           精神薄弱者 授産施設こだま園開設(入所30名・通所20名)
   51年 3月 ブロック作業工場建設
   54年 3月 利用者居室棟(北寮)増築
   54年 4月 入所50名に定員改正
   56年 8月 機能訓練棟建設
   57年 3月 創設の碑建立
   57年10月 プールハウス構築
   60年12月 10周年記念前庭プール構築
           実績記録第1集発刊
平成 2年 5月 実践記録第2集発刊
    6年10月 20周年記念旅行実施
    7年 4月 20周年記念式開催
           実践記録第3集発刊
    9年 8月 実習地橋梁掛替工事
    9年11月 本館空調機器取り換え工事
   11年 7月 本館内壁塗装工事
   12年 4月 25周年記念ふれあいまつり開催(第1回)
   13年 4月 知的障害者 授産施設こだま園に名称変更
   17年 4月 (分場)芳井ふれあい作業所開設
   21年 4月 就労継続支援B型事業  こだま園芳井ふれあい作業所(定員20名)・こだま園東江原ワーク(定員20名) 
           こだま園共同生活介護・共同生活援助事業所(定員15名)
           開設
   24年 4月 こだま園生活介護事業 こころ与井 開設  (定員25名)
           こだま園共同生活介護・共同生活援助事業 (定員31名)
   24年 5月       々                    (定員48名) 
   25年 4月 こだま園相談支援事業所(指定特定相談支援)開設
   26年 4月 こだま園生活援助ホーム(定員48名) 名称変更
   26年     40周年記念DVD作成
   27年 10月 こだま園生活援助ホーム(定員46名) 2名減
   29年 5月 高屋第二小学校旧校舎解体(井原市)


各事業所の紹介


 日中活動の場

就労継続支援B型事業所とは

 障害者自立支援法において定められている事業形態の一種で、雇用契約に基づく就労が困難な障害者に対して、就労の機会を提供するもの。
 年齢や体力面で一般就労が困難な人などに対して、雇用契約を結ばずに就労の機会を提供する事業。

    芳井ふれあい作業所

    東江原ワーク

生活介護事業所とは
 障害者支援施設において、入浴・排泄及び食事等の介護、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他必要な援助を要する障害者にあって、常時介護を要するものにつき、主として昼間において、入浴・排泄及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援、創作的活動又は生産活動の機会を提供しその身体的機能または生活能力の向上の為に必要な援助を行なう事業。
対象者は障害程度区分3以上・年齢が50歳以上の場合は障害程度区分2以上である者。

    こころ与井






 
居住の場 

共同生活援助事業所とは
 障害者総合支援法において、共同生活援助事業所として指定された事業所であり、症状が相当程度改善し、かつ地域生活において自立した生活を望む障害者に対し、日常生活における相談、援助などを行なうことにより、自立した日常生活や社会生活を送ることができる様、支援する事業所。
対象者は障害者総合支援法により共同生活援助の支給決定を受けた方。
性別、障害種別、障害程度区分は問わない。

    こだま園生活援助ホーム