第5回「FKS21〜福祉施設の祭典〜」

平成27年3月8日午前10時から14時まで笠岡道の駅ベイファームにて開催いたしますが、H27年1月20日現在、24団体の申し込み希望があります。

 
 多彩なアトラクションも計画しておりますので、より多くの方のご来場を心よりおまちしております。

 第1回目の「FKS21〜福祉施設の祭典〜」ポスター H23年3月13日、ゲンキ笠岡広場にて開催されました。  第2回目の「FKS21〜福祉施設の祭典〜」ポスター H24年3月25日、井原線・井原駅前イベント広場にて開催されました。 第3回目は「ふるさとかもがたプラザ」にて開催  第4回目 笠岡ベイファームにて  第5回目 笠岡ベイファームにて開催予定

 FKS21とは、福祉の頭文字を取りフ・ク・シでFKS、21は井笠圏域と備後地区に福祉関係の関連施設が実際のところ21ほどあります。また、21世紀に始めたという事から、「FKS 21」という名前を付けました。しかし、FKSにはもう少し深い意味があります。

日本各地で予想もしない自然災害が起こり、復興に向けた不自由な生活をされている方がおられる中で、私たちは今一度『普通に暮らせる幸せ』を考えてみたいと思います。
たとえば、「蛇口をひねれば水が出る」「暗くなると電燈が灯る」これは当たり前の事ですが、どれか一つが欠けても、不自由な生活を強いられます。そういう意味から、
贅沢はしなくても「普通に暮らせる幸せ(FKS)は有難い」と感謝したいものです。

 今まで私たちは福祉事業の活動や報告の場を単独の行事、あるいは大きなイベントに参加する形でしか実施する事が出来ませんでした。毎年開催する「FKS21〜福祉施設の祭典〜」には多くの福祉事業所とその関連団体が参加しており、この祭典を通じ利用者さんの社会参加と交流、参加団体の活動報告や障害者福祉の情報発信の場となる事を確信しております。

5回目の開催に向け実行委員会は準備を進めておりますので、参加希望の事業所がございましたら、お気軽に申し込みください。ご連絡を心よりお待ちしております。
                                                                      
平成27年1月
*なお、売り上げの一部を第4回目までは、社会福祉協議会を通じて東日本大震災の被災者の方々へお送りしております。

                           第5回「FKS21〜福祉施設の祭典〜」実行委員会

実行委員長

社会福祉法人 こだま園 芳井ふれあい作業所
〒714−2102  井原市芳井町与井144     

管 理 者 池田 雅弘

副 委 員 長

社会福祉法人 敬業会 ヴィレッジ興産
〒714−0076 笠岡市押撫504

所  長  笹野 正之

副 委 員 長

社会福祉法人 笠岡市社会福祉事業会
〒714−0057 笠岡市金浦746

参  与  岡田 圭二

副 委 員 長

社会福祉法人 こだま園 
〒715−0024 井原市高屋町4275−1

施 設 長 中村 惠次
* お問い合わせ先
 0866-67-2940

事 務 局

社会福祉法人 敬業会 わかば
〒714−0076 笠岡市押撫504

社会福祉法人 こだま園東江原ワーク

〒715−0003 井原市東江原町326−1

所  長  青木  泉


事  務  藤井ひとみ


  「FKS21〜福祉施設の祭典〜」 実行委員会規約


               「FKS21〜福祉施設の祭典〜」 のイメージカラーはピンク色です。ピンク色は「幸せ、幸福」などの意味があるので少し派手な色ですが、あえてイメージカラーとしています。